水のトラブルは原因を特定することから始まる

水のトラブルは原因を特定することから始まる 蛇口をきちんと閉めているのに水がポタポタ落ちてくる、排水口からスムーズに排水されないといった小さなトラブルから、排水口から嫌な臭いがする、水道管から水漏れがしているといった深刻なトラブルまで、家庭で毎日使う水回りの設備は、とかくトラブルが起こりがちです。
水のトラブルが起こったときに、とにかくなんとかしなければと焦ってしまい、自己流の応急処置をしてしまう人がいます。自己流の応急処置をしても、効果がなかったり、逆に状況を悪化させてしまったりすることもあります。水のトラブルが起こったときに慌てずに対処するために最も重要なポイントは、トラブルの原因の特定です。

■水のトラブルはまず原因の特定から

屋外に設置した水道管が凍結し破裂してしまうトラブルは、冬季によく起こります。このようなケースでは、トラブルの原因が寒さであるとはっきり分かっています。水道管や蛇口を保温しておくといった、事前の対策もできます。
しかし、例えば家のシンク下の水道管からある日突然水漏れしたら、事後の正しい対処が重要になります。このとき、どこから水漏れが発生しているのか、何が原因なのかをはっきりと特定しなければ、対処のしようがありません。ゆるんでいる箇所を締め直すだけでよいのか、それとも部品の交換が必要なのかを見極める必要があります。
排水管の詰まりについても、管の中にごみが溜まっているだけなのか、それとも何か小さいものが流れずに詰まってしまっているのかをはっきりさせなければ、適切な対処ができず、根本的なトラブルの解決には至りません。水のトラブル解決は、まず原因をはっきりと特定することから始まると覚えておきましょう。

■場所ごとに原因は様々
水のトラブルと一言で言っても、原因は場所によって異なります。例えば同じような排水のトラブルでも、お風呂、キッチンのシンク、洗面台、洗濯機では状況が異なるため、トラブルの原因もそれぞれに違ってきます。設備の古さや仕様も、トラブルに関係してきます。場所ごとに適切な対処が必要ですので、注意が必要です。

■自分では原因の特定や修理が困難な場合は修理業者へ

自分で原因を特定して修理できたと思っても、実は修理の仕方が不十分であったり、原因が別にあったりして、またトラブルが起きてしまうということもあります。そんなときは、迷わずに信頼できる修理業者に修理を依頼してください。自分でトラブルについて詳しく調べるのも、何度も修理するのも手間のかかることです。素人では原因の特定や修理が難しいケースも多々ありますので、無理そうだと感じたら早めに修理業者に頼んだ方が良いでしょう。賃貸の場合は、管理会社に連絡を取りましょう。
部品の交換が必要になる場合もあります。部品の種類や取り付け方に自信がない方も、むやみに触らずに業者に任せましょう。
また、排水口から水が逆流してきている、水道管から水漏れして床が濡れているなど、緊急の場合は自分で何とかしようとせず、すみやかに修理業者に連絡して修理してもらいましょう。このようなケースでは、素早く正しく対処できていないと、水で床材を傷めるだけでなく、下の階にまで影響を及ぼす恐れがあります。

■まとめ
水のトラブルを解決するには、正しく原因を特定し、それに基づいて適切な対処を行うことが一番の近道です。自分の目で確かめて、はっきりと分かる原因であって、修理の方法も簡単であれば自分で対処できます。反対に自分の力ではどうしようもないという場合は、修理費がかかっても修理業者に頼むのが早くてストレスが少なく、より確実な方法です。毎日使う水回りの設備ですので、大切に扱い、快適に使い続けられるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース